AIビジネス創出アイデア2021のファイナリストに選ばれました!

2021年1月9日

Rehabilitation3.0株式会社が開発をすすめる「SAA(Sleep Activity Assessment)システム」がAIビジネス創出アイデアコンテスト2021のファイナリストに選ばれました。

<SAA(Sleep Activity Assesment)システムについて>

SAAのコンセプトは、リハビリテーション×AIです。

SAAは、睡眠をセンシングし、その人がどれだけ動くことができるのか活動能力をAIで推定します。そして適切な解決策(リハビリテーション)を提案します。

本プロジェクトの詳細内容は、2月12日(金)15:45~18:00の公開プレゼンテーション(Youtube Live 配信)で初めてリリースします。
ご視聴いただければ幸いです。

お申し込みはこちらから↓

大阪商工会議所:申し込みページ

 

<AIビジネス創出アイデアコンテスト2021について>

大阪商工会議所(大商)と、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)の人工知能技術コンソーシアム(AITeC)が主催するものです。

大商は、大阪府、大阪市とともに、「実証事業推進チーム大阪」を設置し、「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025 年大阪・関西万博を見据えてAIやドローンなど先端技術を活用した新ビジネスを創出するための実証実験を支援しています。。また、AITeC関西支部の事務局としてAIを活用したビジネスの社会実装も支援しており、今回のコンテストは、こうした取り組みの一環として実施されます。